日本全国 好条件の賃貸物件が多い土地は?


北海道も選択肢

民間企業がとった実態調査で、コンビニが一番多いエリアとしてトップに輝きながら、別のアンケートでは幸福度が低いと出てしまった北海道は、どんなエリアなのかを、少しだけのぞいてみました。
賃貸物件を選択する条件の一つに、コンビニ・スーパーが近いことを上げている人は大変多いです。
そういった意味では、とりあえずコンビニの多さではかろうじてクリア?したと思っていいかもしれません。
実際観光で北海道を訪れる人はとても多いのです。
そのまま北海道の大自然のすばらしさに圧倒されて住み着いてしまう人も少なからずいます。
ただ、賃貸物件の数でみていくと、けっして多くはありませんが、住んでみたい、住んで良かったと答えたエリアが、どれも寒い東北のエリアであるという結果を見る限り、雪の多さや寒さなどは、住むのにあまり関係はなさそうですね。
実は北海道は外気温が最低マイナス30度まで下がるほどの極寒の地なのですが、それだけ住環境は研究され尽くされていて、家の中は万年常夏と言っていいほど暖かいのです。
北海道が全国トップに輝いたものがいくつかあります。
まず面積、市町村の数、畑の面積、林業経営、漁業経営、漁獲量です。
トップテンの中には建設工事受注数も含まれています。
産業がどこよりも発展し、今不況の波に揺さぶられている建設業の影響も、北海道までは届いていません。
さらに豊かな大自然と資源に恵まれ、湿度が極端に低いので、からっとした天気をしています。
梅雨もありません。
温泉も豊富です。
賃貸住宅を探すなら、ぜひ北海道も選択肢に入れてください。
別のアンケートで、コンビニの数が国内トップとなったのは、都道府県の数の多さが影響しているのでしょう。
しかし面積が広いので、人口密度、世帯数共に全国6位です。
まあほどほどの人間の数と思っていいかもしれません。
しかし幸福度がうんと下位に位置しているというのは不思議な感じがします。
仕事がなくて困っている人は北海道を訪問してみるといいのではないでしょうか。
Copyright (C)2017 日本全国 好条件の賃貸物件が多い土地は? All Rights Reserved.