日本全国 好条件の賃貸物件が多い土地は?


コンビニの多い地域

コンビニ・スーパーが近くにある環境を賃貸の重要な選択肢に入れている人が大変多い事を考え、では全国で一番コンビニが多いエリアはどこにあるのだろうと大変興味を覚えました。
経済産業省経済産業政策局という政府機関で、しっかりそのことを調査したデーターがあるので、見てみました。
ちなみに公表されたのは昨年度の統計ですので、1年たって、またどれくらい違っているか、そのうちまた公表されるでしょう。
少なくとも2011年度現在で最もコンビニが設置されている県は、なんと意外や意外、北海道でした。
通常こういうものは、利潤がしっかり上がらなければ経費の無駄ですから、店開きをしないものですが、北海道は、そういう意味ではちゃんと採算がとれているのでしょうねえ、次に多かったのが東京でした。
これは納得できますね。
東京駅に降りたって、まず目につくのはコンビニストアです。
駅構内にも必ず設置されています。
2007年度の全国平均が32.7店舗、それに対して北海道の店舗数は45.7店舗数ですから、ずいぶん多い事がわかります。
ついで東京は、42.7店舗ですから、これもまた多い数字ですね。
しかし北海道のコンビニがこれだけ多くても、ちっとも目立たないのは、面積が広く、さほど人口密度が高くないせいでしょうか。
その点、東京はせせこましい地域に日本一の人口密集地で、進歩的な賃貸物件が多いのも特徴の1つですが、これだけのコンビニを設置しているのですから、正直いって、コンビニだらけということになりますね。
犯罪数でも1番、物価の高さでも1番、コンビニの多さでも、他のエリアよりも群を抜いているのですから、生活の便は大変良い地域と言えます。
犯罪、特に凶悪犯罪が、もう少し減ってくれて、ついでに賃貸物件の賃料がもう少し安ければ、ほんとに住むのには良い場所となり得る要素は十分あるでしょうねえ。
Copyright (C)2017 日本全国 好条件の賃貸物件が多い土地は? All Rights Reserved.