日本全国 好条件の賃貸物件が多い土地は?


日本全国 好条件の賃貸物件が多い土地は?

かつてバブル崩壊、リーマンショックと2大経済ショックが立て続けに発生した事もあり、汗水垂らして、やっと手に入れた我が家を、泣く泣く手放すという現象が大都市を中心に起きました。
そうしたかつてのエリートサラリーマン達の姿をさんざんメディアで見せられたのも、一昔前のような気がします。
それ以来一気にマンションの需要が伸びた事はいうまでもありません。
バブルの波にのって、次々に分譲マンションが全国各地に建築されていったものの、バブルがはじけたとたんに、新築ほやほやの分譲マンションの空室がうまらないという情けない現象が起きました。
業者側としては、今後も世帯数は増え続け、むしろ若干悪質な物件でも売れるだろうと言う見込みがあったようです。
しかし、その見込みはバブルと同時に弾け飛んでしまいました。
同時にマイホームを手放す人が増えましたが、もとよりマンションを購入するような資金があるはずもなく、人々の関心は賃貸へと向かっていったのは自然の流れと言えるでしょう。
借りる側の立場で考えてみれば、出来る限り安い賃料を選びたいと思うのが普通でしょう。
かくて、賃料の下落傾向が続く事になります。
しかし下落も限界に達した頃、次により設備が整った、質の良い物件で勝負するようになりました。
分譲物件は、家賃以下の分割払いといった、より賃貸に近づくような条件での営業に変っていきました。
かくて立場は売り手優位から借りて優位へと変貌していきました。
実際、人口過密状況が続いていた東京を中心とした首都圏は、民営住宅における家賃の高さ、および満室度共に全国最低レベルという、あまりうれしくない評価をいただいているようです。
全国で一番家賃が安い物件がそろっている都道府県は、なんと愛媛県という結果も出ているのです。
これは官公庁関連のマンションでも、また民間物件でも結果はあまり変りません。
バブル崩壊、リーマンショックと2大経済ショックがおきたことで、賃貸事情は大きく変りました。
ちなみに犯罪の多さは東京と大阪で1位、2位を争っています。
おおざっぱに、近年の賃貸事情を見てきましたが、さらに掘り下げてみてみると、おもしろい状況が見えてきそうです。
そろそろ受験も修了し、人の移動が始まる季節にはいっていこうとしています。
後悔のない選択をするためにも、こうした賃貸の動向を注意深くみていくべきでしょう。
Copyright (C)2016 日本全国 好条件の賃貸物件が多い土地は? All Rights Reserved.